ネットでさまざまなブドウ糖のお菓子が買えます

ブドウ糖とは、糖の最小単位です。
お菓子や果物を食べると、そこに含まれている砂糖や果糖が体内に入ります。
それらの糖が細かく分解されると、最終的にブドウ糖になるわけです。

ブドウ糖は、糖の最小単位なので非常に小さく、そのため細胞に吸収されやすいです。
吸収されたブドウ糖は、細胞の栄養分となります。
細胞は、ブドウ糖を摂取することで元気に働くようになるのです。

特にブドウ糖を多く摂取するのが、脳細胞です。
脳はブドウ糖を蓄積することができないため、脳細胞は血液に乗って運ばれてきたブドウ糖をどんどん消費します。
その量は、1時間に約5gです。
5gは小さじ1杯分ですから、脳細胞は毎時小さじ1杯ずつ、単純計算で1日に24杯分もブドウ糖を消費しているわけです。
逆に言えば、脳細胞を働かせ続けるためには、積極的なブドウ糖の補給が必要になるわけです。

そのために昨今では、ネット通販などでブドウ糖のお菓子が販売されています。
ブドウ糖を結晶化させたお菓子で、ラムネ菓子のように口の中で溶かしながら食べることができます。
一般的なお菓子と異なり、ほとんどブドウ糖で作られているためカロリーを気にすることなく食べることができ、それでいて脳細胞を活性化させることができるのです。
ブドウ糖のお菓子は、受験勉強やデスクワークなどをおこなう人に、よく食されています。